<< 2013年2月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新の記事
(02/16)第7回 四国地カクテル「バトルロイヤル」 IN 阿波池田 四国酒まつり 2017年 直前インプレッション
(02/16)第6回 四国地カクテル「バトルロイヤル」 IN 阿波池田 四国酒まつり 2016年 直前インプレッション
(03/04)第5回 四国地カクテル「バトルロイヤル」 IN 阿波池田 四国酒まつり
(02/05)第5回 四国地カクテル「バトルロイヤル」 IN 阿波池田 四国酒まつり 2015年 直前インプレッション
(02/19)第四回 四国地カクテル「バトルロイヤル」 IN 阿波池田 四国酒まつり 2014年
記事検索
ウェブ 記事

リンク

四国酒蔵88箇所巡り四国酒蔵88箇所巡り
四国ダム堰堤88箇所巡り
四国温泉88箇所巡り



掲載メディア

第1回開催時(平成22年)
↓↓↓↓↓↓↓
愛媛新聞2/21付け
愛媛新聞2/21付け


日経新聞2/26付け
日経新聞2/26付け


関西テレビ2/20付け


2013年02月26日(火)
第3回四国 地カクテルバトルロイヤル レポート

地カクテルとは世界で初めて2010年に四国で始まった取り組みです。
・できる限り県産米使用の県産地酒をベースとする
・各県の特産品のみを使用する
・版権の独占や格付けは行わずレシピを広く公開する
「ふるさとのお酒で」「ふるさとの食材をもとに」「ふるさとのプロがつくり」「ふるさとの人が選ぶ」ふるさとのカクテルです。毎年、各県の代表が新作を携えて集まり、老若男女100名の方にフリーで審査していただいてその歳の四国チャンピオンを決定します。


審査風景、作り置きではなくすべてその場でフレッシュに作りました。

結果発表は本会場にて。お客様からは携帯写メの嵐。口コミお願いいたします。

今年は本会場から少し離れた特設会場で開催。

 「1票の重みで天国と地獄」

 今年もやってまいりました「阿波池田四国酒まつり」。今年の地カクテルは例年にも増して「世界に例を見ない」「史上初」「???」のオンパレード。過去2回は愛媛県、徳島県が優勝に輝く。今年は香川県、高知県が満を持しての雪辱なるか?はたまた愛媛、徳島の返り討ちか?概して「隣同士は仲が悪い」とされる四国四県、今回も結果的に対角線上にタッグを組み下克上の様相を呈してまいりました。愛媛か徳島が勝った場合は1県だけが2勝獲得のやっかみにあい、はたや香川か高知が勝利すれば1県だけが取り残されるという、いずれにしても絶対に丸くはおさまらない確執の結果が予想される一戦です。それでは早速、選手紹介。




愛媛県はシルクハット。一部のお客さんはウサギが出るのを期待していたようだ。

【愛媛代表(第1回優勝県)】
カクテル名「ニホントウ(日本刀)」
 愛媛産のレモンを中心に鷹の爪、クロープ、シナモン、生姜に和三盆、仕上げに伯方の塩入りアイスと、あらゆる材料をぜいたくに詰め込んだ豪華カクテル

レシピ
 清酒「華姫桜辛口」30ml 自家製ジンジャエールシロップ45ml(和三盆、生姜、今治産レモン、シナモン、クローブ、鷹の爪)、愛媛産レモン10ml。これらをシェイクし陶器グラスに注ぎソーダアップ。自家製伯方の塩入りアイスをフロートして完成。

直前インプレッション
原価の馬鹿高いゴージャス・カクテルで第1回優勝を得た愛媛県らしい総花的カクテル。しかも今回は良く見ると他県の名産物まではいっている様な・・・。四国はわが領土と勘違いしている愛媛県らしいカクテルである。

作者
「Bar Tiny Bubbles(タイニーバブルス)」(新居浜市)    高橋尚毅


地元阿波池田のバーからも駆けつけ協力でチームワークの徳島県

【徳島代表(第2回優勝県)】
カクテル名「きんとき〜の」
 徳島県の温暖で降雨量が少ない気候と、海のミネラルをたっぷりと含んだ砂地で育てられている鳴門金時。、食物繊維、ビタミンがたっぷりな美容と健康に最適なベジタブルカクテル。

レシピ
 「御殿桜どぶろく」80ml  ふかした鳴門金時芋20g ミルク80ml  プレーンシロップ20ml  トニックウォーター30ml すべての材料をプレンダー(ミキサー)で混ぜグラスに注ぐ

直前インプレッション
焼き芋とどぶろく(白酒)でつくるおそらく世界初のカクテル。前回は愛媛県を差し置いてみかんのカクテルで優勝をさらっていったへらこい徳島県らしからぬオリジナリティの高さ。しかしいかにも世界初らしく、まだ誰も飲んだことが無いという味らしいのが一寸不安である(笑)。

作者
「Bar鴻Kohno」(徳島市)
岩田滉貴


香川県はうどん出汁のホットカクテル 湯せんをするのはなんと酒燗器(左端)

【香川代表】
カクテル名「伊吹恋詩(いぶきこいうた)」
 讃岐の國の観音寺の沖に浮かぶ島、伊吹島。伊吹いりこで有名なこの島で使われる言葉には、古の京の都の京言葉の名残があるという。瀬戸の優しい潮風に育まれ、優しく育った娘たちが京の言葉で口ずさむ、恋の言葉、恋の歌。夕凪の海を夢想し、このカクテルを創造しました。

レシピ
「川鶴いりこ酒」30ml 清酒川鶴「特別純米酒 大瀬戸」20ml イリコ出汁10ml  伊吹イリコ粉末少々、高瀬抹茶粉末少々、香川県産檸檬

直前インプレッション
うどんの出汁であるイリコ出汁をカクテルにしてしまった。うどん県からいつかでるような気がしていながら誰も完成できなかった念願のカクテル。しかも大会史上初のホットカクテルで参戦。これで優勝できなければ坊主になると担当の川鶴社長は豪語しているが、はたしてAKB48のようにうまくいくか?

作者
「salon de Shell」(サロンドシェル)(高松市)
 村上充明
「Jack&Rose」(ジャックアンドローズ)(高松市)
 丸亀剛


高知県代表は昨年と同じ青木さん。ベテランらしく余裕の捌き。

【高知代表】
カクテル名「土佐モヒート」
「モヒート」は、南米キューバのハバナが発祥の近年人気のカクテル。そのレシピには一般的にはミントを使用するが、本場キューバではより野性味と清涼感あふれる「イエルバ・ブエナ」という別種のミントを使用する。今回、その日本では大変希少な「イエルバ・ブエナ」の高知県産(ハウス栽培)の物が手に入ったため、それを使った地カクテルを考案した。名づけて「土佐モヒート」。ミントには本場同様「イエルバ・ブエナ」をたっぷり使用し、純米大吟醸原酒をベースに、ライムの代わりにこれまた高知県産のフレッシュな柚子果汁を使用。まさに太陽の国・南国土佐の夏のイメージを彷彿とさせる、抜群に爽やかな地カクテルである。

レシピ
清酒「司牡丹純米大吟醸原酒」30ml  ゆず果汁15ml  イエルパ・ブエナの生葉数枚 クラッシュアイス

直前インプレッション
いつもの高知県らしくウンチクたっぷりの解説である。いま流行のモヒートで勝負する意気や良し。冷静に考えるとモヒートをつくりたいがために無理やり御当地ミントを栽培したのでは?と疑ってみたくなるが、それを平気でやってしまうのが高知県人である。

作者
「パール・バッフォーネ」(高知市)
青野摩周


高知県の「土佐モヒート」 試飲カップに注いでもルックスが良い


(右から)徳島県と香川県はイケメン、愛媛は帽子、高知は髭とキャラが豊かな選手連。


 予定通り11時30分にゴングか鳴りガチ試合のスタート、先着順100名限定のお客様(審査員)は次々に流れ、30分後には112名のお客様の貴重な審査結果が集まりました。作り置きではなく、すべてその場で調理するという集中作業。おかげでフレッシュなカクテルが提供できましたが、選手の皆さんにおかれましては大変にお疲れ様でした。続く30分で人海戦術による集計を済ませ、早速12時半から本会場で発表と四国酒まつり主催者である阿波池田商工会議所真鍋会頭からの表彰式が開催されました。

 今年の優勝は愛媛県の「日本刀」。実は次点の高知県「土佐モヒート」とは2ポイント差。112人の内の誰か一人が愛媛県1位審査を3位にしていれば逆転していた数字です。第1回でも愛媛に僅差で負けた高知県。あのときの再現です。高知県担当委員の司牡丹酒造竹村社長は「こんなことなら、どさくさに紛れて自分もお客さんの列に並んでおくんだった」と悔やむことしきりですが、ここでうっかり口に出してしまった以上、来年はその手は使えませんぜ。(笑)

 私としても、単独2勝目で絶対に思い上がって有頂天になるであろう(実際そうなりました 笑)愛媛担当委員の近藤酒造近藤社長のドヤ顔を思い描くにつれ、ここは判官びいきで高知県に勝たせたかったのですが、そこは八百長無しのガチンコ勝負。一切の操作はありません。

 愛媛の勝因は「帽子」だとか「上にのっけたアイスクリーム」だとか他陣営からは予想通りのやっかみが飛びましたが(笑)、お客様としては、あまり難しく考えずに素直に味の印象で採点していただいたようです。
 今年は、徳島からはおそらくカクテル史上初の「芋」と「どぶろく」によるカクテル、香川からはこれも史上初というか冗談だけで誰も挑戦しようと思わなかった「うどん出汁カクテル」と、およそカクテル常識を根底から覆すような大リーグボールのごとき魔球カクテルが出品されたのですが、点数的にも大きな開きは無く、どこが勝っても不思議のない高次元な争いでありましたことをご報告しておきます。

文責 H本のS藤社長(H本はえっちぼんとは読みません)

今回出品の地カクテルの飲めるお店

【愛媛県 日本刀】
店名 「Bar Tiny Bubbles(タイニーバブルス)」
新居浜市坂井町2-2-23 ラシュマンドエトワール 2F
п@089-733-1777
営業時間 18:00〜25:00 定休日:日曜祝日

【高知県 土佐モヒート】
店名 「バール・バッフォーネ」
高知市帯屋町1丁目2-10 サンスイビル1F
п@088-822-3884
営業時間 18:00〜24:00 定休日:水曜

【徳島県 きんとき〜の】
店名  「Bar鴻Kohno」
徳島市栄町1丁目67-2 橘ビル3F
088-624-0067
営業時間 19:00〜3:00  定休日:不定休

【香川県 伊吹恋詩】
店名  「スナック夜間飛行」
高松市鍛冶屋町4-21 ワンフットビル3F
087-822-4077
営業時間 20:00〜27:00 定休日:日曜

是非、お試しをっ!


※画像をクリックすれば拡大します。|↑トップへ

2013年02月18日(月)
第三回 四国地カクテル「バトルロイヤル」 IN 阿波池田 四国酒まつり 2013年

今年の、一番はうちくや。うちじゃ。わしのところじゃ。おらんくぜよ。
お国自慢のカクテルで4県対抗戦
第三回四国地カクテルバトルロイヤル

「池田町四国酒まつり」・・・にどうせいくならこっちも取材をお願い




参戦カクテル
参戦カクテル

参戦カクテル


下記のメニューをクリック!!!
---------------------------------------------------------------------+

 /地カクテルとは?/ 「バトルロイヤル」参加カクテル/ 阿波池田 第14回四国酒まつり

---------------------------------------------------------------------+



■地カクテルとは?

□定義   
地カクテルとは世界で初めて四国発の取り組みであり
・「県産米使用の当該県の地酒」をベースにすること
・伊予柑・深層水・すだち・うどん出汁等 各県の特産品のみを使用する事 (季節の旬の素材でも通年の素材でも可)
一つ一つを命名し広くレシピを公開する。版権の独占や格付けは一切行わない。委員会に届け出さえして頂ければ(おいしいまずいに関わらず)、規格を満たしているものすべてを「○○地カクテル」として登録しみなさんで自由にお使いいただく。レシピ公開に関してはメディア及びホームページにて行う。

□趣旨  
“ふるさとのお酒で” “ふるさとの食材をもとに” “ふるさとのプロがつくり” “ふるさとの人が選ぶ” ふるさとのためのカクテルいわゆる「地カクテル」で四国四県が対決します。奥ゆかしい県、わがままな県と4県の地カクテルを比べることで県民性までわかります。

□目的    
@「地方発」で和+和=洋 地方×地方=世界 の新しい飲料トレンドを発信し、各地域のコラボレーションの新しい試みとする
A従来ばらばらに発信していた地域の料飲業、農業、酒造業がひとつになって地場産品PRに協力する


トップへ


■第3回 四国 地カクテル「バトルロイヤル」in阿波池田 四国酒まつり


第3回 四国 地カクテル「バトルロイヤル」
〜一番は「うちくや」「うちじゃ」「わしのところじゃ」「おらんくぜよ」
お国自慢製のカクテルで四国4県対抗戦〜

□日時   
 平成25年2月23日土曜日 11時30分〜13時 
□場所   
 徳島県三好市池田町 旧池田ファミリー(試飲・投票)
 徳島県三好市池田町 三好市中央公民館(表彰式)
 「第14回四国酒まつり」会場内特設ブースにて
(第11回四国酒祭りにおいて第1回バトルロイヤルを開催 優勝は愛媛県 )
第1回「四国地カクテルバトルロイヤル奮戦記」
(第13回四国酒祭りにおいて第2回バトルロイヤルを開催 優勝は愛媛県 )
第2回四国 地カクテルバトルロイヤル レポート



□主催   
 香川県酒造組合 徳島県酒造組合 愛媛県酒造組合 高知県酒造組合  
 (社)日本バーテンダー協会香川支部 同徳島支部 同松山支部 同高知支部
□運営   
 讃岐地カクテルコンペ運営委員会 阿波地カクテルコンペ運営委員会
 伊予地カクテルコンペ運営委員会 土佐地カクテルコンペ運営委員会
□方式
 会場にて参加者100名に各県1種類のカクテル(一人30t×4杯)を試飲提供 採点アンケートを頂き、地方の偏差を加え最多得点のカクテルと県をその場で表彰式を行う。
□表彰
 優勝杯を県代表に贈呈、優勝県は向こう一年間それを保持する。負けた県の関係者は一年間は世界中のいかなる場所にいようとも優勝県の方角に足を向けて寝ないこととする。

■参戦カクテル一覧
県名
愛称
概要
レシピ

愛媛代表
(第1回優勝県)

ニホントウ
(日本刀)

愛媛産のレモンを中心に鷹の爪、クロープ、シナモン、生姜に和三盆、仕上げに伯方の塩入りアイスと、あらゆる材料をぜいたくに詰め込んだ豪華カクテル

清酒「華姫桜辛口」30ml 自家製ジンジャエールシロップ45ml(和三盆、生姜、今治産レモン、シナモン、クローブ、鷹の爪)、愛媛産レモン10ml。これらをシェイクし陶器グラスに注ぎソーダアップ。自家製伯方の塩入りアイスをフロートして完成。

試合直前県別インプレッション本音モード
  原価の馬鹿高いゴージャス・カクテルで第1回優勝を得た愛媛県らしい総花的カクテル。しかも今回は良く見ると他県の名産物まではいっている様な・・・。四国はわが領土と勘違いしている愛媛県らしいカクテルである。
選手
「Bar Tiny Bubbles(タイニーバブルス)」 (新居浜市)
高橋尚毅
徳島代表
(第2回優勝県)

きんとき〜の
徳島県の温暖で降雨量が少ない気候と、海のミネラルをたっぷりと含んだ砂地で育てられている鳴門金時。、食物繊維、ビタミンがたっぷりな美容と健康に最適なベジタブルカクテル。
「御殿桜どぶろく」80ml  ふかした鳴門金時芋20g ミルク80ml  プレーンシロップ20ml  トニックウォーター30ml すべての材料をプレンダー(ミキサー)で混ぜグラスに注ぐ
試合直前県別インプレッション本音モード 焼き芋とどぶろく(白酒)でつくるおそらく世界初のカクテル。前回は愛媛県を差し置いてみかんのカクテルで優勝をさらっていったへらこい徳島県らしからぬオリジナリティの高さ。しかしいかにも世界初らしく、まだ誰も飲んだことが無いという味らしいのが一寸不安である(笑)。
選手 「Bar鴻Kohno」 (徳島市)
岩田滉貴
香川代表
伊吹恋詩
(いぶきこいうた)
讃岐の國の観音寺の沖に浮かぶ島、伊吹島。伊吹いりこで有名なこの島で使われる言葉には、古の京の都の京言葉の名残があるという。瀬戸の優しい潮風に育まれ、優しく育った娘たちが京の言葉で口ずさむ、恋の言葉、恋の歌。夕凪の海を夢想し、このカクテルを創造しました。
「川鶴いりこ酒」30ml 清酒川鶴「特別純米酒 大瀬戸」20ml イリコ出汁10ml  伊吹イリコ粉末少々、高瀬抹茶粉末少々、香川県産檸檬
試合直前県別インプレッション本音モード うどんの出汁であるイリコ出汁をカクテルにしてしまった。うどん県からいつかでるような気がしていながら誰も完成できなかった念願のカクテル。しかも大会史上初のホットカクテルで参戦。これで優勝できなければ坊主になると担当の川鶴社長は豪語しているが、はたしてAKBのようにうまくいくか?
選手
「salon de Shell」(サロンドシェル) (高松市)
村上充明                    
「Jack&Rose」(ジャックアンドローズ)(高松市)
丸亀剛 
高知代表
土佐モヒート
「モヒート」は、南米キューバのハバナが発祥の近年人気のカクテル。そのレシピには一般的にはミントを使用するが、本場キューバではより野性味と清涼感あふれる「イエルバ・ブエナ」という別種のミントを使用する。今回、その日本では大変希少な「イエルバ・ブエナ」の高知県産(ハウス栽培)の物が手に入ったため、それを使った地カクテルを考案した。名づけて「土佐モヒート」。ミントには本場同様「イエルバ・ブエナ」をたっぷり使用し、純米大吟醸原酒をベースに、ライムの代わりにこれまた高知県産のフレッシュな柚子果汁を使用。まさに太陽の国・南国土佐の夏のイメージを彷彿とさせる、抜群に爽やかな地カクテルである。
清酒「司牡丹純米大吟醸原酒」30ml  ゆず果汁15ml  イエルパ・ブエナの生葉数枚 クラッシュアイス
試合直前県別インプレッション本音モード いつもの高知県らしくウンチクたっぷりの解説である。いま流行のモヒートで勝負する意気は良し。冷静に考えるとモヒートをつくりたいがために無理やり御当地ミントを栽培したのでは?と疑ってみたくなるが、それを平気でやってしまうのが高知県人である。
選手
「パール・バッフォーネ」 (高知市)
青野摩周

トップへ






ちらし
ちらし

ちらし



2012年02月27日(月)
第2回四国 地カクテルバトルロイヤル レポート
オープニング



























2012年02月23日(木)
第二回 四国地カクテル「バトルロイヤル」 IN 阿波池田 四国酒まつり 2012年

今年の、一番はうちくや。うちじゃ。わしのところじゃ。おらんくぜよ。
お国自慢のカクテルで4県対抗戦
第二回四国地カクテルバトルロイヤル

「池田町四国酒まつり」・・・にどうせいくならこっちも取材をお願い




下記のメニューをクリック!!!
---------------------------------------------------------------------+

 /地カクテルとは?/ 「バトルロイヤル」参加カクテル/ 阿波池田 第13回四国酒まつり

---------------------------------------------------------------------+



■地カクテルとは?

□定義   
地カクテルとは世界で初めて四国発の取り組みであり
・「県産米使用の当該県の地酒」をベースにすること
・伊予柑・深層水・すだち・うどん出汁等 各県の特産品のみを使用する事 (季節の旬の素材でも通年の素材でも可)
一つ一つを命名し広くレシピを公開する。版権の独占や格付けは一切行わない。委員会に届け出さえして頂ければ(おいしいまずいに関わらず)、規格を満たしているものすべてを「○○地カクテル」として登録しみなさんで自由にお使いいただく。レシピ公開に関してはメディア及びホームページにて行う。

□趣旨  
“ふるさとのお酒で” “ふるさとの食材をもとに” “ふるさとのプロがつくり” “ふるさとの人が選ぶ” ふるさとのためのカクテルいわゆる「地カクテル」で四国四県が対決します。奥ゆかしい県、わがままな県と4県の地カクテルを比べることで県民性までわかります。

□目的    
@「地方発」で和+和=洋 地方×地方=世界 の新しい飲料トレンドを発信し、各地域のコラボレーションの新しい試みとする
A従来ばらばらに発信していた地域の料飲業、農業、酒造業がひとつになって地場産品PRに協力する


トップへ


■第2回 四国 地カクテル「バトルロイヤル」in阿波池田 四国酒まつり


第2回 四国 地カクテル「バトルロイヤル」
〜一番は「うちくや」「うちじゃ」「わしのところじゃ」「おらんくぜよ」
お国自慢製のカクテルで四国4県対抗戦〜

□日時   
 平成24年2月25日土曜日 11時〜12時 
□場所   
 徳島県三好市池田町マチ2476 三好市中央公民館
 「第13回四国酒まつり」会場内特設ブースにて
(第11回四国酒祭りにおいて第1回バトルロイヤルを開催 優勝は愛媛県 )
第1回「四国地カクテルバトルロイヤル奮戦記」

□主催   
 香川県酒造組合 徳島県酒造組合 愛媛県酒造組合 高知県酒造組合  
 (社)日本バーテンダー協会香川支部 同徳島支部 同松山支部 同高知支部
□運営   
 讃岐地カクテルコンペ運営委員会 阿波地カクテルコンペ運営委員会
 伊予地カクテルコンペ運営委員会 土佐地カクテルコンペ運営委員会
□方式
 会場にて参加者100名に各県1種類のカクテル(一人30t×4杯)を試飲提供 採点アンケートを頂き、地方の偏差を加え最多得点のカクテルと県をその場で表彰式を行う。
□表彰
 優勝杯を県代表に贈呈、優勝県は向こう一年間それを保持する。負けた県の関係者は一年間は世界中のいかなる場所にいようとも優勝県の方角に足を向けて寝ないこととする。

■参戦カクテル一覧
県名
愛称
概要
レシピ

愛媛代表
(第1回優勝県)

愛の海
(Sea of love)

愛媛県は北に瀬戸内海、西に宇和海を擁する海王国。時には優しく時には厳しく県民を見守る豊穣の海。実り豊かな山々から望む鮮やかな緑色の海を、生産量ダントツ日本一の愛媛産キウイを使って表現しました。昇りくる陽光をイメージしたレインボーキウイには、愛媛からの日本復興の願いが込められています。

清酒華姫桜純米酒40ml
愛媛ヘイワードキウイのジュース40ml 
愛媛産ビワのはちみつ 20ml 
愛媛岩城島産レモンジュース1tsp   
材料をシェイクしてグラスに注ぎ愛媛レインボーキウイのスライスを飾る

試合直前県別インプレッション本音モード
  原価の馬鹿高いゴージャス・カクテルで前回優勝をさらった愛媛県らしい総花的カクテル。今回も自称優勝候補。しかし最後に何の臆面もなく「日本復興」の大それたキーワードまで持ってくると言う、相変わらずの愛媛県らしい優等生ぶりっこモードも絶好調。反面、「日本のために」と耳触りの良い言葉を並べながら、海に山に陽光に・・・と「世界は我がため(だけ)にある」と実は心の底では思っている愛媛県人気質がちらちらと妖しい光を放つカクテルである。
選手
「カフェバー・レオン」(新居浜市) 喜久川道浩
香川代表
サヌキー・ウィ・ワ・サン・ボーン
香川県の温暖な気候に育まれ甘さ際立つキウイフルーツ。日本にキウイフルーツは15品種ありますが香川県はそのうち最多の4種を開発したキウイオリジナル先進地です。その代表格の香緑キウイは糖度が高く、香川の誇る和三盆との、豊かで優しく上品な甘さとの相性はピッタリ。酒米さぬきよいまいを醸した日本酒とまさに三位一体となりグラスの中でエメラルドの輝きを放ちます。わが香川・・・うしろから読んでもわが香川・・・の豊かな自然を閉じ込めた一杯です。
清酒川鶴さぬきよいまい30ml 
グレープフルーツジュース15ml 
香緑キウィフルーツ1個 
讃岐和三盆糖2tsp   
材料をミキサーにかけグラスに注ぎキウイのスライスを飾る
試合直前県別インプレッション本音モード  ネーミングセンスだけでは文句なく優勝であるものの、その実は小さじ二杯の和三盆よりも贅沢に丸々1個使われた高級キウィのバブリーカクテル。しかし愛媛県とキウィガチンコ四つ相撲となったばかりか、徳島県とも前回に続いて和三盆一本試合になってしまい、おまけに本来は何のわだかまりもない高知県とも「グレープフルーツ(これ香川県と関係ないやろ)」VS「柚子」という和洋柑橘対決を受けて立たれてしまうという、思わずがな全方向を敵に回してしまったまさにバトルロイヤルお手本の戦闘姿勢。常に物陰から漁夫の利だけを狙っている香川県人らしからぬ、真っ向勝負の潔い態度であると誉めたたえたい。・・・が、とりあえず全県から最初に袋だたきにされる可能性は大である。
選手 「カフェバー・ふくろう」(高松市)大澤洋仁   
「思い人」(高松市)長島香
徳島代表
阿波サンライズ
徳島県勝浦特産のみかんとスダチ、阿波和三盆を使って徳島紀伊水道の綺麗な朝やけをイメージしてつくりました。
清酒御殿桜純米吟醸30ml
徳島産フレッシュミカンジュース30ml  
阿波和三盆糖1tsp  
試合直前県別インプレッション本音モード  昨年の後出しじゃんけん掟破りの未知の産物使用で受けた良心の呵責にうずくのか?今回は打って変わってオーソドックスに攻めてきた徳島県。しかししょせんは「身体は四国・心は関西」という徳島らしく、何をやってくるかわからない不気味さ満点。一方、彼らの最大の敵は今回も「地元をあんまり応援しない」という逆ホームチーム・デシジョンである。(前回もアンケート最大の参加者割合を誇った徳島県民は故郷のカクテルには冷たかった)。それにしてもいくら味が良いからといっても「みかん」をみかん星人愛媛県の目前でしゃあしゃあと奇襲攻撃に使用するとは思いもかけなかった。世を照らすサンライズ(日の出)どころか、月のない夜には誰しも常に後ろを気にしながら歩かねばならない油断のならない徳島県のこれこそ面目躍如である。
選手
「バー・アルシェ」(徳島市)福家秀和
高知代表
健依別(たけよりわけ)
その昔、古事記に記された土佐は『健依別(たけよりわけ)』と称されました。健(たけだけしく)、依(よりすぐった)、別(険しい山が迫った土地)・・・まさに土佐の高知です。高知は日本酒、柚子、生姜、どれをとっても世界に誇れる名産地。その名産物を使って遥か旧き高知を表現しました。
司牡丹永田農法純米酒(高知県産米100%)40ml
司牡丹山柚子搾りゆずの酒10ml  
GTR27ミントリキュール3ml  
以上を軽くシェイクして、半分スノースタイル(塩をグラスの縁に塗る)にしたグラスに注ぐ。  
高知県産天日塩少々 
春野ハーベストの黄金ジンジャーエール30mlを加えてステーする。
試合直前県別インプレッション本音モード  季節外れの小夏(春の果実)を1ヶ月もかけて名もない民家の庭先から探し出して来て、イベント開始30分前から慌てて現場で刻み始めるという前回の無計画で無鉄砲なスタイルに懲りたのか、今回は生鮮材料はすべて排除している極端から極端へ走る高知県人らしいレシピ。3ml単位で綿密な計算の元に研究されつくした調理オペレーションの反面、カクテルの由来に怖れ多くも『古事記』を持ち出してくる「酒が入れば大言壮語を謳う」いごっそう気質はここでも全開モード。おそらく味のことよりも「いわれ」がでかければそれで良いのであろう。それにしても「一晩寝たら前夜にのたまわったことはすべて忘れている」高知男子のいい加減さがむしろ心配。綿密な調理プログラムよりも何よりも、まずは当日、遅刻をせずに来てほしいものである。
選手
「パール・バッフォーネ」(高知市)青野摩周

トップへ





2010年02月20日(土)
「第一回 四国地カクテルバトルロイヤル奮戦記 2010年」
「第一回 四国地カクテルバトルロイヤル奮戦記 2010年」


文責 H本のS藤


 午前9時、香川から阿波池田へと阿讃山脈を抜ける猪ノ鼻峠には前夜の雪が残っていた。
四国4県から参戦のバーテンダーさんや各県の委員である酒蔵当主の皆さん、足は大丈夫だろうか?と心配しながら、設営の先発隊として場所をお貸し頂ける『四国酒まつり』の池田町商工会館に到着。
開場30分前から並んでいる人混みをかき分けて機材を搬入する。

 10時半には設営もおわり、高知、愛媛と関係者が次々に到着。
11時からの開始に向けて順調にミキシングやシェイクが続く・・・と思いきや、高知代表が、いきなりバタバタと材料の「小夏」を刻み始めた。
なにやらあわただしそうやがあと30分しかないで。
今頃、そんなことしとって予定の200杯作れるん? 
汗を拭き拭きショウガをおろす手伝いをしている高知委員のT牡丹酒造の竹村社長「高知はフレッシュさで勝負じゃき。下拵えから現場でするぜよ。見よ!この情熱。」と雄叫びをあげる。熱意は認めるが、そんならそれで、あと1時間早く来るという計算がでけんのかい土佐人は。

と、今度は、まだ着いていない地元の徳島代表が行方不明であることが判明。
1時間前には材料を徳島県職員の方がわざわざ持参されている。
4国4県のみならず関西からもお越しになったテレビ局さんや新聞社さんのカメラの砲列もスタンバイ。
お客さんも既に並んでいる・・・のに一番大事な地元チームのコーナーが空っぽで連絡がつかない。
「どないなっとんじゃい徳島」と地元池田のI小町の中村社長の携帯に電話しようとしたときに、これまた11時開始なのに10時58分に到着するというたいへん几帳面な香川代表とともにこともなげに登場。当たり前のように準備を始める。
小学生は学校に近い奴ほどギリギリに来る。徳島県や香川県では大人になってもそうである上、開き直るので、なおタチが悪い。(笑)


現場風景(撮影 助役Mの携帯カメラ)

現場風景(撮影 助役Mの携帯カメラ)
 一斉取材も無事終わり、バトルロイヤルのスタート。
老若男女、各地からの酒まつり参加者が列をつくって次々に粛々と味を利く。
流石、酒好きの集まるイベントだと感心していたのは最初の30分だけ。
次の30分は審査参加者の列の中に「かなり赤い顔」がちらほらと混じるようになり最後の30分は千鳥足がめだつようになる。
メインイベントの『酒まつり』の方ですっかり出来上がってしまっているらしい。(^ ^;)






 1時間半で予定通りに終了。香川のK鶴酒造の川人社長が時間を気にしながら200枚弱のアンケートを集計。
この人は、2時間後から開始の岡山の西大寺裸祭りに参加する予定。
一日にバトルロイヤル二連チャンとは人生でもそうあるまい。ただし好きでやっとんのではないらしいが。

 回収されたアンケートの約2割が無効票。
およそ「ルーン文字」みたいでさっぱり判読できん票やら、投げやりに全作品に一位を入れている(しかも平仮名)票やら、「優勝 俺」というのもあったぞ。
つまりは酔っぱらいがあまりにも多かったということです。

当然地元が強いと思い、在住地記入のアンケートを使い、地域偏差を入れられるようにパソコンまで用意していたのだが、あにはからんや、「徳島県人は地元の代表には投票しない」という珍傾向が判明。
徳島県は皆さん奥ゆかしいのか?
それとも秘かに地元を良く思っていないのか? 
高知県人なんかは全員1位も2位も完璧に高知やで。丁寧に他の県のには「×」までいれとる奴までおるし。(笑)

 30分ほどで集計がまとまり、委員全員で結果数字確認の上、栄えある四国チャンピオンは愛媛県代表のイチゴカクテル『紅媛(べにひめ)』に決定。
薄氷の差で2位に高知のショウガのカクテル『乙女ねえやん』をかわした。
すかさず高知県委員から「なんかの間違いや。集計し直せ」とクレームがつくが、その手にいかにも自分で今書いたばかりの投票用紙2,3枚が握られているのを発見し、却下。

エントリーは8点。レシピはこちら

優勝した愛媛県代表カクテル『紅媛』(中央の赤) 左側は『坂の上の恋』
優勝した愛媛県代表カクテル『紅媛』(中央の赤) 左側は『坂の上の恋』

優勝した愛媛県代表カクテル『紅媛』(中央の赤) 左側は『坂の上の恋』

高知県 『風の龍馬』(中央背の高いグラス)と、惜しくも準優勝の『乙女ねえやん』(右端)
高知県 『風の龍馬』(中央背の高いグラス)と、惜しくも準優勝の『乙女ねえやん』(右端)

高知県 『風の龍馬』(中央背の高いグラス)と、惜しくも準優勝の『乙女ねえやん』(右端)

香川県 『タメイケバカーリ』(左側)と『キクチカンタービレ』(中央)
香川県 『タメイケバカーリ』(左側)と『キクチカンタービレ』(中央)

香川県 『タメイケバカーリ』(左側)と『キクチカンタービレ』(中央)

徳島県 『黄金の井戸』(左側)と『彩(いろどり))』徳島県らしくあざとく「器で勝負」したが
徳島県 『黄金の井戸』(左側)と『彩(いろどり))』徳島県らしくあざとく「器で勝負」したが

徳島県 『黄金の井戸』(左側)と『彩(いろどり))』徳島県らしくあざとく「器で勝負」したが


 会場中央で早速、表彰式。愛媛県代表のバーテンダー上田さんに賞状とカップのかわりの清酒の3斗瓶を贈呈。
愛媛の委員のY雀酒造の猪野社長は鼻高々。
自分ではなんにもしてないのに鼻高々。

『紅媛』の勝因は
・見かけがイチゴ色でおんなこども受け(いえいえ子供には飲ませていません)。確かに参加者の半数は女性だった。
・一杯にイチゴ3個を潰していれるという原価無視のゴージャスさ。今回の出品はすべて無料で飲んで頂いたが、値段をつけていたら結果は違っていたかも。
・バーテンダーの上田さんが男まえ。
等々、確かに女性票を老いも若きも確実に集めていました。
でも、結局は「酔っぱらい」の審査なので「いばるんじゃないぞ愛媛県。」
とは言うものの、最初のお約束通り、この一年間、我々関係者一同は世界中のどこにいようと愛媛県の方角には足を向けて寝ないことを誓います。おわり。


後日談
その夜、会場を提供して頂いた『池田町商工会議所青年部 四国酒まつり実行委員会』のメンバーさん達の打ち上げ反省会(の後、飲み会)に参加。
一緒に参加した四国JR高松駅のM助役は実はこのへんの出身。
あにはからんやメンバーさん達の中にも30年ぶりの同級生を数名発見、さらに何割かは身内の知り合い。
M助役、女性に囲まれてハーレム状態。
中締めのあと「飼い主が見つかったようなので置いて帰りますわ。どうか可愛がってやってください。」と先に失礼しようとしたら、「こんなもん置いていかれても邪魔になるから持って帰ってくれ。」と返品される。
さすが池田の人は役目を終えたあとの人間に対する切り替えが早い。(笑)

おまけ

女性キャスターのツッコミに、何にも悪いことはしてないのに思わず謝りそうにそうになっている愛媛代表

女性キャスターのツッコミに、何にも悪いことはしてないのに思わず謝りそうにそうになっている愛媛代表

まだまだ開票前なのに、それとなく表彰状を自県ブースに飾っていた高知代表

まだまだ開票前なのに、それとなく表彰状を自県ブースに飾っていた高知代表

報道関係の撮影会なのにあくまでも自社ブランドを目立たそうとする高知県委員の酒蔵社長

報道関係の撮影会なのにあくまでも自社ブランドを目立たそうとする高知県委員の酒蔵社長